オフィスハラダが目指すもの

トラブルを起こさない職場のために…

好きでトラブルを起こす人はいません。誰でもトラブルは嫌なものです。トラブルはないに越し たことはありません。トラブルのストレスは計り知れないものがあります。たった一つのトラブルが業務を著しく停滞させます。職場の士気が下がります。雰囲 気が悪くなります。良いことは一つもありません。

トラブルはなぜ起きるのか

トラブルは、あるゆる職場で起きる可能性があ ります。いつどこで起きるかわかりません。トラブルを起こしたい人はいないはずなのに、なぜ起きてしまうのか。それはトラブルを起こすことで、自分に生じ る負担よりも、自分の得るものの方が大きいと思っている「人」がいるからです。あるいは、トラブルになることを想像できない「人」がいるからです。そして 何よりも、そうした「人」を助長するような環境がトラブルを起こします。

会社の規模は関係ない

従業員が少ないからと言っ てトラブルが起きないわけではありません。従業員が少なくても、その中にトラブルを起こす「人」がいれば、トラブルは起きるのです。極論すれば、従業員を 一人でも雇用すれば労務リスクは避けられません。従業員が少ないからこそ、しっかりとした労務管理が求められます。それはたった一つのトラブルでも、会社に及ぼす影響がとても大きなものになるからです。会社のの規模を問わず、労務リスク管理は、あらゆる職場に必須のものです。

トラブルは起こるべくして起こるもの

こうした労務リスク管理が不十分であることは、トラブルを起こす環境要因となります。例えば、残業の管理が曖昧であれば、残業代請求リスクが発生します。つまり従業員から未払い残業代の請求をされる可能性があるということです。また、就業規則など労働契約の規定内容によっては、従業員への業務命令や配置転換が法的に無効とされたり、懲戒処分や解雇が法的に認められないということもあり得ます。こうしたトラブルが、万が一実際に発生した場合、どのような影響が会社に生じることになるのか、ぜひお考えください。

トラブルの原因は「人」、それを回避できるのも「人」の力

トラブルを起こすのは、それが従業員であれ、管理職であれ、上司であれ、部下であれ、いずれにしても「人」であることに変わりありません。そもそもそうした「人」の採用を決めたのはほかならぬ会社であり、そしてそうした「人」がトラブルを起こすのは、トラブルを起こさせる環境(職場環境)があるからです。

しかし、そうしたトラブルも、それを解決するのは「人」です。というより、「人」でしか解決できません。不幸にしてトラブルが起こってしまった場合でも、それを社内的に平穏に解決できるかどうかは、それを解決しようとする「人」が生まれる環境があり、そして、その「人」が、解決することができる環境が整っているか、にかかっています。

職場環境が「人」を変える

会社が採用した従業員を、トラブルを起こす「人」にしてしまうのか、トラブルを解決しようとする「人」にするのか、それはその「人」を取り巻く職場環境に大きく左右されます。つまり、職場環境が、トラブルを、労務リスクをコントロールするのです。

そうした職場環境を整える責任があるのはまさに会社であり、会社が主体となって初めて、よりよい職場環境を整えることができるのではないか、と考えます。

より良い職場環境を、すべての会社に…

ここでいう「より良い職場環境」とは、労使ともにより良いと感じられる職場環境でなければなりません。労働者にとってより良い職場環境が会社にとってもより良いとは限りませんし、仮に労働者にとってより良いと思っていた職場環境が、実は労働者にとっても、決して納得できない結果をもたらす場合もあります。大切なことはそのバランスにあります。

より良い職場環境とは…

そのバランスをどうとるのか、そのカギはまさに職場の中にあります。職場は業務を効率的、効果的に遂行し、十分な成果を上げるためにあります。そしてその成果を上げるのは「人」にほかなりません。そうした「人」を生み出す職場環境こそ、良い職場環境です。

難しいのは、ある特定の人だけが、ある特定の成果だけを上げる「人」になるのは好ましくない、という点です。チームプレーの考え方が良い職場環境を考えるヒントになります。

トラブルを起こさないことは、良い職場環境の前提

チームプレーに一番悪い影響を及ぼすのはトラブルです。どのような職場であっても、より良い職場環境の態様は千差万別ですが、トラブルを起こさない環境であるという条件=労務リスク管理の徹底は、あらゆる職場の共通する前提条件です。

トラブルを起こさない職場環境に必須の要素は、「コンプライアンス(法令遵守)」と「信頼関係」です。また、コンプライアンスは「信頼関係」を強く補強するものです。それはコンプライアンスが、雇用不安を解消するものだからです。オフィスハラダの相談顧問は、トラブルを起こさない職場環境=労務リスク管理をサポートします。そして、不幸にして起きてしまったトラブルについては、クレーム段階で処理し、社内的に平穏に解決できるお手伝いをいたします。

労務リスク管理スキルの蓄積を

労務リスク管理のスキルが会社に蓄積すれば、トラブルを未然に防止することが可能になってきます。また万が一起きてしまったトラブルについても、平穏に社内的な解決できるようになります。トラブルの前兆であるクレーム段階での対処が的確にできれば、トラブルとして顕在化させずに済むことができます。

オフィスハラダの「相談顧問」は、御社に労務リスク管理のスキルを蓄積することを最終目標としています。トラブルは、職場の中で発生します。職場の中でしか感じとれれない微妙なニュアンスを読み取れれば、その場で解決することが可能です。トラブルの未然防止に不可欠のアンテナは、職場にこそ必要なものです。職場の問題は職場で解決することが、最も効果的であり、効率的です。