「お菓子外し」を笑う前に

「いつも私だけお菓子を配ってもらえないんです」

「おやつの時間になると、必ず一人になって…」

これも珍しいご相談ではありませんが、おそらく大抵の方は、こうした問題について耳にしたとしても、まず深刻な問題として考えることはありません。というより、「その何が問題なの?」という気持ちになるのではないかと思います。

「子どもじゃないんだから、おやつをもらえないからって、それを会社に相談してくるのもどうかと…それがパワハラとか何とか言われたって…」というのが、本音ではないでしょうか。

それに対して、

「それじゃ、代わりに私からおやつを上げるよ」

と応じて本人が納得しているとすれば、それは「おやつをもらえないこと」が問題だったのであって、「おやつをもらう」ことで問題が解決したわけです。

しかし大抵の問題はそうではないと思いますが、どうでしょうか。おやつをもらえないことを躊躇しながら相談する従業員が望んでいるのは、「おやつをもらう」ことなのでしょうか。おそらくは、仲間はずれにされることが苦痛なのではないでしょうか。代わりに上司からおやつをもらったとしても、問題は解決しません。つまり、おやつの問題ではない、ということに気が付くことがとても重要になってきます。

「そうは言っても、所詮おやつだろ」

とお感じになっている方に、少し想像力を膨らませてみます。

会社の飲み会で、上司や社長がねぎらいの言葉をかけながらお酌をして回ってきます。次に自分の番か、と思いきや、あからさまにあなたを無視するようにすり抜けて、あなたの隣の同僚に声をかけながら、お酌をしたとしたら、あなたはどうお感じになりますか。そして、次の飲み会も、その次の飲み会でも、社長はあからさまにあなたに対して「お酌飛ばし」としたとしたら…

おそらくあなたは「社長から嫌われた」と感じ、何かまずいことでもしたのではないか、いったい何があったのか、などと思い悩むのではないでしょうか。離職すら頭に浮かんでくるのかもしれません。そのようなときに、

「そうは言っても、所詮お酌だろ」

「じゃ、代わりに俺がお酌してやるよ」

同僚からそう言われて、あなたは納得できるでしょうか。これはお酌をしてもらえないことが問題なのではなく、仲間はずれにされた、無視されたことが、あなたにとっての重大な問題であると気が付いて頂けると思います。

お菓子外しの話に戻りますが、お菓子外しは、毎日毎日、こうした状況が起こっているわけです。「おやつを配ってもらえない」という相談にたいして、ここまでお読みいただいた方は、これはかなり根の深い問題であるとお感じになり、やはり放置するわけにはいかないか、というお気持ちになったかのではないかと思いますが、このときに大切なことは、この問題は「お菓子」の問題ではなく、仲間外れ、無視の問題であると捉えることです。

「お菓子」の問題として捉えると、「何を勘違いしているの?」ということになるからです。