人事考課に対する不満の原因

「これまでずっと、AかBだったのに、何で今回はCなのか」「自分よりもはるかに劣る○○が昇格しているのに、何で自分は…?」「いきなり以前のミスを指摘されたり、これまで言われたことのない能力不足を告げられ、納得ができない」などなど、人事考課の時期になると、決まって不満が噴出します。これが一過性の愚痴なのか、それともトラブルの前兆なのか、一見して見分けがつきにくいものですが、黙認したり放置するような、いわゆるスルーしてしまうこともあまり適当とも思えません。

不満の原因は説明不足

こうした不満の原因は「説明不足」の一言に尽きます。人事考課の後では、必ず結果に対するフィードバックがあると思いますが、まれにフィードバックすらないというケースも見受けられます。フィードバックは必ず行う必要があります。なぜこのような評価になったのか、の説明です。評価のプロセスで十分に話は聞いているからいいだろう、ではまずいのです。結果に対する説明が必要なのは、結果に応じて、ボーナスや賃金に影響があるからです。

相談者は何が不満なのか

結果に対する明確な説明ができれば、問題は解決するのといえば、話はそんなに単純ではありません。なぜ不満を持つのか、という疑問に対して、それは自分の思惑と異なる評価になったことにある、つまり、もっと評価が高いはずだ、という気持ちが、根本的な理由です。極論すれば、評価が高ければ、おそらくはフィードバックなど、本人はどうでもいいと思っているのではないでしょうか。

評価が低い理由を明確にすること

評価が高ければ、その理由などどうでもいいのに、評価が低ければ、「何で?」となります。トラブルを未然に防ぐという観点からは、「なぜ評価が低いのか」の理由をきちんと説明できるようにしておくことが必要、ということになります。

もしここで明確な説明ができずに、賃金などの重要な労働条件を決定してしまうような形になってしまえば、もしこれがトラブルとなってしまった場合には、不利な対応を迫られることになります。

しかし一方で、下手な説明をすれば、逆に問題が大きくなるのではないか、と考える向きもありそうですが、裏を返せば、明確な説明ができないような結果となっていることがその原因ではないでしょうか。では、なぜ明確な説明ができないのでしょうか。それは評価基準が曖昧であることが大きな原因であることが往々にしてい見受けられます。

曖昧な評価基準が説明不足の原因

評価基準が明確でなければ、評価結果に対する明確な説明は望むべくもありません。評価基準が曖昧であれば、恣意的な判断が入り込む余地がとても大きくなるからです。

本人が明確な説明を求めていないとしても、気持ちに折り合いをつけられるような一言が大切ではないでしょうか。