なぜ人材の採用に失敗するのか

トラブルの原因は採用にあり

・パソコンのスキルがあると言っていたのに、エクセルも満足に使えない。

・人当たりがよさそうだったのに、ずいぶんの職場の同僚といざこざがあるらしい。

・幹部候補のつもりで採用したのに、どうもやる気が見えない。

・試用期間も終了するが、どうもパッとしない。このまま本採用でいいのだろうか…

何らかのトラブルが起これば、その原因を確かめ、トラブルを起こした従業員の問題点が明らかになれば、しかるべき教育指導によって改善を図ることになります。しかし、そもそもそうした人材を採用したのは、ほかならぬ会社であるということを認めなければなりません。こう言ってしまうと、身も蓋もありませんが…

なぜ採用時に問題を見抜けなかったのか?

採用後に明らかになる従業員の問題点を、採用時に見つけることができない原因の一つは、必要な人材を明確にしていないこと、が挙げられます。新たな従業員を雇用するのは、業務を担う人材が足りないからですが、だからといって誰でもいいという訳ではないでしょう。仮にそれが単純な作業であったとしても、最低限身に付けていてほしいスキルや能力があるはずです。それを抽象的な形ではなく、具体的に明確にしておくことです。そうすれば、その具体的なスキルや能力があるかどうかを確認して採用すれば、採用の失敗も未然に防ぐことができるのではないでしょうか。

もう一つの原因は、上記のように必要なスキルや能力が明確になったとしても、それを身に付けているかどうかを確認できていないこと、です。もしパソコンのスキルが必要ならば、ただ口頭で回答を求めるだけでなく、実際にさせてみれば一目瞭然です。また、資格の有無は一つの参考にはなりますが、資格はあくまでも一定の試験に合格したという証にすぎません。資格がある=実務ができる、ではありません。実際にやらせてみることが大切です。

大げさなことを考える必要はありません。採用時のほんの少しの手間を惜しまなければ、採用リスクは大幅に軽減されます。

採用時に、何をさせればいいのか?

パソコンのスキルのように、簡単にさせてみることができるものであればいいのですが、接客や営業など、そのスキルを簡単に試すことができないような業務の場合にはどうすればいいでしょうか。

そうした場合でも、たとえば簡単な挨拶をさせてみる、とか、電話の受付対応をさせてみるなど、短時間でその能力の一端が垣間見られるような作業をあらかじめ考えておくといいでしょう。ただこれについても、正解があるわけではなく、いろいろなケースを試してみることで、完成度を高めることも大切かと思います。

必要なスキルを見出す

採用する人材に求めるものは何かを具体的にすることは、単純明快のようで、実はとても難しい問題でもあります。必要な人材像を具体的にするための一つの方法は、現在会社で雇用している従業員の中で、もっとも理想的な形で業務の従事している者の、職場での言動を観察することです。

相談顧問には、1か月間の無料お試し期間があります。ご利用はお気軽にこちらからどうぞ。1か月間でどこまでできるか…?1か月無料お試しを、ぜひ使い倒してください。