就業規則アップデートサポート

法令改正や重要な裁判例によって、現状の就業規則に労務リスクに対する脆弱性が見つかった場合には、早めに変更しておくことが重要でしょう。

とはいうものの、そもそも変更の必要性をどのようにすれば確認できるのか、そしてその変更の必要性を確認した場合、就業規則をどのように変更すればいいのか、就業規則の変更に伴う手続きや対応をどうすればいいのか、という課題が就業規則の変更には伴います。

就業規則の変更を考えたときの課題

  • 就業規則に変更の必要があることを、どのようにすれば知ることができるのか?
  • 就業規則のどの部分を、どのように変更すればいいのか?
  • 従業員代表の意見をどのように求めればいいのか?
  • 不利益変更となる場合のリスクを軽減するために、変更について従業員にどのような説明や対応をすればいいのか?

このような課題を考えていると、就業規則の変更は後手後手に回ってしまいそうです。結局は、社会保険労務士にすべて委託することになりそうですが、それでも「自社の就業規則は自分でなんとかしたい」「多少難しくても、頑張って社内で完成させたい」「とにかく安く済ませたい」・・・そうお考えの方へ、格好のサービスのご提案です。それは、

「就業規則アップデートサポート」メール配信サービス

です。一般的な就業規則を想定した変更アドバイスを、逐次メールで配信するサービスです。アップデートが必要と思われる法改正や裁判例があった場合に、就業規則の変更に伴う課題をどうクリアすればいいのかについてのアドバイスを、メールでお送りします。具体的には、

  • 変更が必要な背景(法改正や裁判例)についての説明
  • 変更の具体例
  • 変更後の規定の意味と影響
  • 不利益変更のリスクと従業員への説明の工夫

などが主な内容です。もちろん会社によって対応方法はケースバイケースかと思いますが、就業規則の変更に際して、必要最低限の情報は、このメールでカバーできるでしょう。あとはみなさんの頑張りあるのみです。それでもやっぱり難しい・・・そんなときには、「相談顧問」をご検討ください。

まずは実際の内容をご覧ください。

こちらからお気軽にサンプルメールを受信してください。