パワーハラスメント相談室を、あなたの会社の社外相談窓口にするためのページ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

パワーハラスメント相談室を、あなたの会社の社外相談窓口にするには

今このページをご覧になっているあなたは、パワーハラスメント相談室が間に入ることで、問題の社内的な解決を図りたいとお考えになっておられるかと思います。会社外部の視点から、問題についての見解や方向性を会社側に示してほしい、というご要望をお持ちなのではないでしょうか。オフィスハラダの社外相談窓口は、そうしたご意向にお応えできる対応ができるかと思います。

なお、誤解の無いように付け加えておきますが、すでに送られたご相談メールの内容が、そのまま会社側に伝えるものでは全くありません。その前に、会社との間で社外相談窓口に関する契約を結ぶ必要があるからです。

社外相談窓口は、あなたのご意向を直接会社側のご担当者にお伝えします

もし、この相談室が、あなたを雇用する会社所定の社外相談窓口であったとすれば、あなたがメールフォームから送信したご相談は、社外相談窓口を通じて、社内的な解決のためのアドバイスを付して、会社人事などの担当者にお伝えします。あなたは、改めて会社側に対して、解決行動を起こす必要はなくなることになります。 そのためには、まずこの相談窓口が、会社所定の社外相談窓口である必要があります。つまり、会社に対して、この相談窓口を社外相談窓口として活用するようにしてもらう必要があるということです。ということは、その前に、この相談窓口を、会社の人事等の担当者に知ってもらわなければなりません。

このウェブサイトの記事は、人事担当者向けの内容です

まずは、あなたの会社の経営者や人事担当者の方に、このサイトを見てもらう必要があります。その上で、ここで紹介している「社外相談窓口」について、導入を検討してもらうことができれば、必要な説明を申し上げることができます。トラブルの未然防止といったテーマに関心があれば、必ず目を止めて頂けるコンテンツになっていると思います。

オフィスハラダの社外相談窓口ができること

  • 水面下の問題を汲み上げること…従業員・スタッフの漠然とした不満・不安を解消し、唐突なトラブルの発生や理由不明の離職を防ぎます。
  • 顕在化した問題で、膠着状態にあるものについて、交渉を前に進めるきかっけを作ること…相談者の真意を汲み取ることで、問題の焦点を明確にし、社内的な解決の方向性をお示しします。 (ご参考:社外相談窓口への相談には2つのタイプがある

相談プロセスは…

オフィスハラダの社外相談窓口の特徴を一言で言えば… 社内的な問題解決にコミットする相談窓口 です。ただ話を聞くだけではなく、問題の事実関係について法的解釈を淡々と説明するだけでもありません。ましてや、労使どちらか一方の立場に立って、相手方を説得するようなものではもちろんありません。

そもそも社外相談窓口の役割は、 社内的な問題解決を目指す ことにあるはずです。そのためには、当時間での話し合いを前に進めることが不可欠でしょう。社内的な問題解決の主導権を握っているのは、事実上会社側です。相談者が納得できるような対応をすることで、社内的な解決は可能になります。そのカギは、問題の法的解釈の先にある「妥協点」を見極めることと、その妥協点に至るプロセスの工夫にあります。そのためのお手伝いをすることができると思います。

 あなたの会社の社外相談窓口としてぜひ活用頂けるよう、お勧め頂きたいと思います。まずはこのサイトを、人事等のご担当の方にご覧頂けるよう、ご紹介ください。

よろしくお願い致します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket